« 10月1日 11:00 DSIC初ライブ | トップページ | 次への歩み »

2006年10月 2日 (月)

新人ライブを終えて・・・

新人ライブ2日目 11:00 DSIC(THE BACK HORNのコピー) 初LIVE

曲目

1.レクイエム

映画『キャシャーン』の挿入曲として使われたこの曲。不穏なイントロからボーカルである自分が爆発。いいテンションを維持できた。

のどの調子が思わしくなく、ハイトーンが苦しかった。途中声がかすれたし。

華奢なヒーロー 誰だって守るべきものがある

戦いの中でしか救われぬ魂よ

『レクイエム』/THE BACK HORN(以下同じ)

何とか大崩れすることなく1曲目は出来たと思う。

Hi360010

2.赤眼の路上

MCの後、曲がスタート。4曲中では一番完成度が高かった。

しかし、最後のサビの入りをミスするという失態を犯したのが残念だった。

これを次回の課題にしたいと思う。

絶望 孤独 月明かり

死にゆく勇気なんてない

それなら生きるしかねえだろ

息を詰めて駆け抜けろ

『赤眼の路上』

3.コバルトブルー

MCの煽りが上手くいかんかった。自分の説明が悪くてドラムの子に伝わらなかったんだけど・・・

「風に乗るんじゃねえ!! 風になるんだあぁぁ!!!」という煽りでちょっと引かれたかも・・・

曲のほうはというと、もう暴れまくりでしたね。曲自体もパフォーマンス面に関しても。

しかし、俺体力無え。1曲持たなかったもん。最後息切れてたし。

でも何とか盛り上げることは出来たのかな。

俺達は風の中で砕け散り一つになる

辿り着く場所も知らぬまま燃え尽きる

『コバルトブルー』

4.奇跡

MCでは、メンバーや先輩方など、すべての人との出会いが『奇跡』だってことが言いたかったんだけどうまく伝わらなかったかな。

最後の曲だったので、残りの力を振り絞ってやった感じだった。

テンポが練習に比べ早くなりちょっと苦しかったけど、リズム感が上がったので良かったかな・・・

はっきり言って、ライブ前日はほとんど声が出なかった。それが今日ここまで出来たのは、一種の奇跡かな(笑)

最後に掴んだ この手にぬくもり宿る

生まれてくるだろう 新しい命が叫んだ産声

忘れない ここに今辿り着くような奇跡

『奇跡』

__________________________________________________________________________________________

振り返ってみると今回のライブはとてもやってて楽しかったし、とにかくライブが出来たということが良かった。

しかし、多くの課題が残ったことは間違いないだろう。

例えば・・・

  • のどの調子が悪いままライブを迎えたという、自己管理能力の無さ。
  • 本番で自分がリズムを崩し、走ってしまった事。
  • 練習時間の短さ。

など挙げるときりがないくらいたくさんある。

今日からの日々で少しずつそれを克服する必要性を痛感した。

もっともっといいステージがしたい。

魅せられて、聞かせられるようになりたい。

先輩方のような盛り上がりを朝一でも実現してみたい。

がんばります。

|

« 10月1日 11:00 DSIC初ライブ | トップページ | 次への歩み »

コメント

がんばれ
がんばろう

投稿: やっち | 2006年10月 3日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119624/3660864

この記事へのトラックバック一覧です: 新人ライブを終えて・・・:

« 10月1日 11:00 DSIC初ライブ | トップページ | 次への歩み »