« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

クリスマスコンサート

12月3日 11:00(またしてもトップバッター。しかも今回は1日目。)

K-ON(僕らが所属している軽音サークル名) クリスマスコンサートに出演します。

今回はクリスマスということで、クリスマスソング(?)を含む新曲があります。

前回は喉の調子が悪く、個人的には不完全燃焼だったので、今回は悔いの無いライブをしたいと思います。

また、ライブの様子はアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

大学祭!

昨日一昨日と大学祭があった。

両日とも集合は朝6:30

一昨日は生憎の雨であったが、なんとかできてよかった。

しかし、ハプニングが多く、マイクスタンドに手を挟まれ内出血したり、虎のお面をかぶって暴走したり、いろいろあった。

昨日は起床が6:35・・・・完全に遅刻した。ごめんなさい。

前日とは違い晴れていたが、風が強く、めちゃ寒かった。

二日間のライブとも、軽音の先輩方の演奏はもちろん、軽音じゃないバンドの演奏もすばらしかった。

個人的には実り多き大学祭だった(ちなみに桜塚やっくんを見た。)

そして、最後に打ち上げをした。

毎回のことだが、打ち上げではいろいろためになる話が聞ける。もちろん昨日もそうだった。

それに、他大学でTHE BACK HORNが好きで、コピーバンドもしているという人にも出遭った。

THE BACK HORNというバンドについて深く語り合えてよかった。そのうえ、今度彼らがライブをするとき、僕らのバンドDSICにも出演を誘ってくれるそうだ。

こういう出会いがあるのは、バンドを大きくする上でとても重要だ。

とりあえず、また今日から次のライブ、クリスマスコンサートに向かって行きたいと思う。

__________________________________________________________________________________________

悲しみの果てに

何があるかなんて

俺は知らない

見たこともない

ただ あなたの顔が

浮かんで消えるだろう

『悲しみの果てに』/エレファントカシマシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

新バンド

昨日(『DSIC、インタビューを受ける。』より)のインタビューの音声を録音したCDをドラムの子に渡しに練習室に言った。

そして練習室では、ドラムの子が新バンドの練習をしていた。

コピーしていたのは、マリリン・マンソン(wikipedia)。ギターの子とベースの子はDSICとは別の人だ。

CDを渡すついでに練習を見学し、なかなかいい感じだなと思った。

で、このバンドにはまだボーカルがいなかったので誘われた。

で、俺は二つ返事でOKした。

で、ドラムの子からCDを借りて今聞いてます。

思ったより、気に入った。友達がはまる理由もわかるよ。

やっぱり、ボーカルとしていろいろな音楽を聴くのは大事だし。いろんなジャンルのいろんなバンドをやっていくことで、ボーカルとしての経験値を上げていきたいです。

もっと、貪欲にがんばります。

__________________________________________________________________________________________

ROCK IS DEADER THAN DEAD

SHOCK IS ALL IN YOUR HEAD

YOUR SEX AND YOUR DOPE IS ALL THAT WE'RE FED

SO FUCK ALL YOUR PROTESTS AND

PUT THEM TO BED

『ROCK IS DEAD』/MARILYN MANSON

追記:マリリン・マンソンのコピーバンドは、中途半端にはやりたくないというメンバーの意向により解散になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DSIC、インタビューを受ける。

今日DSICは、インタビューを受けました。

とは言っても、ドラムの子が所属している情報学部の授業の一環でインタビューの課題を課され、そのインタビューの相手に僕たち(ドラムの子にとっては自分たち)を選んだのだ。

インタビューは、ドラムの子の趣向で音楽雑誌風に行われ10月に行われた新人ライブの事、12月に行われるクリスマスコンサートの事。そして今後の事などいろいろなことを話した。

ついでに写真も撮った。だが、アップできません。すみません。

ところで、そのインタビューが載る媒体は、どのようにほかの人の目に通すのであろうか。

俺らも見たいじゃん。

あとそのインタビューにはこの響人日記のアドレスも載るらしいので、このブログをがんばっていいブログにしていきたいです。

_________________________________________________________________________________________

千年先を思い描けないけど

一寸先を刻むことで始まる僅かな願い

『サイレン』/ASIAN KUNG-FU GENERATION

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

(暫定的)新ギター

今日の練習はいつもと違った。

ギターの子が先輩のギターを借りてきたのだ。

そのギターは先輩が売却するものであるが、期待通りの値で売れなかったらうちのバンドのギターの子に売るそうだ。

で、そのギター音のすごいことすごいこと、さすがハムバッカー。他にも色々(すいません、あんまりギターに詳しくないのです。)

まあ要するに、音が違うのです。

ギターの子へ

がんばって10万貯めて先輩のギターを買い取ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »